愛の人=マイケル・ジャクソンのTHIS IS IT!

前回の ”We Are the world” を ライオネル・リッチと共作した
MICHEAL JACKSON (マイケル・ジャクソン)の


” THIS IS IT ”



P1160346.jpg


誰も見たことのない彼に逢える。
2009年夏、ロンドンの02アリーナで開催されるはずだった
マイケル・ジャクソン幻のコンサート”THIS IS IT”。
本作は、公演に向けて、創造力を進化させながらリハーサルを重ねていくマイケルの姿をとらえた貴重な舞台裏映像である。マイケル・ジャクソン・エステートの全面的サポートのもと制作され、09年4月から6月に至る100時間以上のリハーサルのなかで多くの楽曲&パフォーマンスが完成されていく様子を、時間の流れに沿いながら追い続けていく。シンガー、ダンサー、フィルムメーカー、プロデューサー、クリエーターとして完璧さを追求し、ファイナル公演に愛情を注いだ偉大なアーティスト、マイケル・ジャクソンの真実が永遠に甦る・・・・・Blu-ray Diskのケースの裏より




P1160342.jpg


ディスクケースの廻りにある4枚の写真は絵葉書です。
が、ものすごく大きく写ってますね~。
特典で付いていました



とくにマイケル・ジャクソンのファンという訳ではなかった私ですが
テレビでコマーシャルフィルムが流れていて
どうしても見たくなり
確か最終日に一人で映画館に見に行ったのですよ  



P1160351.jpg


ほらね!
チケットです。
このケースの中に入れてましたー (^^♪


どうだったか?

と~っても良かった
そして、ブルーレイも手に入れたっていう訳です


映画を見て何を思ったか?
ああ、1回でもいい。
せめて1回だけでもコンサートを開かせてあげたかったー。
世界中のいろんな所から集まった、オーディションに合格して
練習を積んでいたコーラスやダンサーの人々。
観客のいる、本番の舞台に!
彼等のオーディション風景も収録されているの。いいですよ~ 

そして、マイケルも残念に違いない、それはとてもとても・・・
きっと言い表せないくらい・・・

ファイナルコンサートのはずだったから。

この映像の中のマイケル・ジャクソン
とっても素敵です。


愛の人、マイケル・ジャクソン

私がこの映画を見て思ったこと。


もし見ていなくて、見る機会があるのならぜひ見てほしい。

愛の人、マイケル・ジャクソンが分かると思うから。



そして、前回記事の
We Are the world は実際に3回だけ公演されて
その1回がマイケル・ジャクソンの何時だかのコンサートだということです。


何時なんだって?
ええっとー
・・・








にほんブログ村
いつも応援のクリックありがとうございます。更新の励みになります!
関連記事

2 Comments

ぴいひょろ  

Candyさん、こんばんわ!
We are the world懐かしいです。
中学生の頃、一人で何役かモノマネしてた記憶がよみがえりました!
あの頃のマイケルジャクソンは神のようなスターでしたね。
キラキラしてかっこよかったです^^  
Candyさんは英会話の先生なのですか?

2016/02/06 (Sat) 00:47 | EDIT | REPLY |   

Candy  

ぴいひょろさん

こんばんは~!
We are the world 真似してたんですか? 一人で? あはは!
スティービー・ワンダー? シンディー・ローパー?ボブ・ディランもやったかな~? あっ、ブルース・スプリングスティーンもやったかな?
楽しいね。私も一緒にやりたかったな~(笑)
マイケル・ジャクソンはずっと前のままの顔が良かったのにね。
残念至極!
あっ、小さいころの歌声、とっても可愛いですよね。

英語はECCジュニアの教室を長いあいだ開いていたのよ。
いまは、大人の方をごくごく少人数しか教えていましぇんのです。
でもいろんな意味で、いい感じです。楽しいです~!

2016/02/06 (Sat) 21:54 | EDIT | REPLY |   

Add your comment