リンツチョコ内覧会②リンドールのデモ

今からリンドールチョコレートの充填デモ始めますよ~


P1270072.jpg



この方、東京青山のメートル・ショコラティエのポワルヴェさん。
どれくらい日本におられるのか
日本語がお上手でした




P1270076.jpg



適温にしたチョコレートを、三角すいの容器に入れ




P1270077.jpg



このようにチョコのシェル(外側をこう呼ぶらしい)に詰めていきます 




P1270078.jpg



あれ?
これはどうしたのかと言えば
温度が低くなって中身が硬くなって出てこな~い。

そこでドライヤーを当てて少し温度を 中。


チョコレートのね、微妙な温度調節が必要なんです。
低いと滑らかに出てこない
高いと外側のシェルが溶けてしまう・・・

丁度の、丁度の温度が必要 

あの~
何度から何度の間っておっしゃってましたが、記憶にございませんです、はい

ちなみに、これは専用のドライヤーで
ヘアードライヤーとは別物。
吹き出し口が違いますからね~!

よく見えないって? そうでしょ!  すんません




P1270079.jpg



前に4個あるリンドールのミルクチョコを作っていますよ.。




P1270081.jpg



息をコロして慎重に。

「ピッタリ入れるのはやっぱり難しい・・・」


*
*
*
*
*

仰ってはいませんでしたが 
きっとそうじゃないかな~って思いますね~。




P1270082.jpg



当たり前ですが
通常は近代的な工場で機械化されていますよ~




P1270065.jpg



かわいいでしょこのマカロン。
おっとー、違いましたテリースですこちらでは。




P1270066.jpg



ちょっと店内を見まわしてみると
リンツ・トリュフ




P1270087.jpg



ギフトボックス




P1270090.jpg



スイスの国旗がはためく




P1270088.jpg



リンドールミルク缶
ナポリタンブルー缶




P1270093.jpg



リンツのロゴ。
正面にあったでしょうけど撮らなかったので
店内のを。

Linds・・・d は発音しないんですね。




P1270095_20170303152141401.jpg



お土産にいただいた物。

リンドールのチョコは私が詰めたものです。




P1270104.jpg



このチャック付きの丸い入れ物は?




P1270102.jpg



こう使うようです。
蓋の方に保冷剤が入るんですね。
凄~い。ここまで配慮が。

お出かけに持って行ってね~




P1270108.jpg


ホワイトデー&イースター コレクション2017

リンツゴールドバニー(200g)
ですが
これはリンツゴールドバニーワイルド

京都店と西宮店の限定アニマル柄だそうです。



店内ではチョコレート三昧をさせていただいて
こんなお土産までいただいて
内覧会へのご招待
本当にありがとうございました。


リンツさん、太っ腹~


皆さん、リンツのチョコレート
どこかで見かけたら取り合えず買って食べてみてくださいね。
本当に美味しいですから


リンツさんHP




またね~。








にほんブログ村
いつも応援のクリックありがとうございます。更新の励みになります!

関連記事

Comment

Post Comment

非公開コメント

Latest posts